開運厄除の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、開運厄除の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

開運厄除
開運厄除
読み方
かいうんやくよけ
種別
開運
意味
転機を迎えた大切な時期に、人生が良い方向に向いて行くよう祈願します

お客様の声

東京都/女性/26歳/日枝神社

転勤前に参拝した結果新しい職場で活躍できました。
元々働いていた職場はブラック企業で稼働が高く理不尽な目に遭うこともあり非常に辛い状況でした。そこで異動が決まった際に新しい職場で活躍できるようにガイドブックやインターネットで仕事運が向上すると評価が高かった日枝神社へ参拝に伺いました。後日新しい職場では自分の実力に合った職場で空気も良く、着実に力をつけて活躍できるようになりました。

愛知県/男性/32歳/熱田神宮

今年に入り、車の事故を3度経験し、生活面、仕事面でもあまり良くないことが続きました。
厄年や前厄等でもなかったので気にしておりませんでしたが、先日、嫁の提案でお祓いに伺いました。
するとまず、仕事面でいくつか大きな契約が簡単にすすんだり、滞っていた仕事も良い方向に進みだしました。
プライベートでも前から悩んでた車の買い換えが決まったりと話がいい方向にすすむようになりました❗

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ