金運向上の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、金運向上の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

金運向上
金運向上
読み方
きんうんこうじょう
種別
開運
意味
金運が上がるように祈ります

お客様の声

大阪府/女性/45歳/住吉大社

日曜日、大阪で最強のパワースポットと言われる住吉大社にて、金運向上を祈願しました。次の日の月曜日の午後、急に上司に呼ばれました。3ヶ月ほど前に会社から出していた標語の参加賞と佳作の商品が届いたとのことでした。私は佳作を頂きました。参加賞はメモ用紙、佳作は商品券が2,000円入っていました。少額ですが、願いを叶えてもらえたと思った瞬間でした。

京都府/女性/42歳/金閣寺

金閣寺は金運の神様だと聞いたので行ってきました。
お参りして数日後、会社付近のみずほ銀行の前を通りがかったときに、不意にみずほ銀行に昔口座を作っていたことを思い出しました。
後日記帳してみると、8万円くらい入っていました。忘れていたお金が手に入りとてもうれしかったです。
その後、パートの時給を上げていただけることになったり、金閣寺のご利益を感じました。

東京都/女性/51歳/蛇窪神社

投資をしております。損はそんなにありませんが大きな利益もあまりなく、
今後(老後の生活資金など)のためにも、少し大きな利益が欲しいと思いました。
ただそれなりの利益を受ける為には自分の投資判断とリスクを覚悟しなければいけません。なので、その勇気を頂くために
参拝しました。ただ「金運が良くなりますように」とお願いするのではなく、「これからこういう事をやって行こうと
思っています。頑張りますのでお力をお貸しください」と見守りをお願いするような感じで参拝しました。
その後自信が持てるようになり、今年は今のところ昨年より早いペースで利益を出せています。

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ