交通安全の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、交通安全の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

交通安全
交通安全
読み方
こうつうあんぜん
種別
安全
意味
車両や運転手などに危険が無いよう祈ります

お客様の声

北海道/男性/37歳/北海道神宮

去年冬道で滑り単独事故2件起こしてしまい、今年こそは何も起きてほしくないと言う強い思いから、
交通安全のキーホルダーを買い、北海道神宮の正面のところで安全を祈願してきました。
今年一年の交通安全を。

今日の今現在で何も事故もなく、また交通違反も起こさずに過ごせているので
きっと効果が出ているのだと個人的に痛感してます。

岩手県/女性/37歳/盛岡八幡宮

子どもの頃から毎年この神社でお参りして、お守りも持ち歩いております。
2回、近所で自動車での事故に遭い、1回は車が全損するほどでしたが、2回とも運転していた自分・相手ともまったくケガがなく、周りの人やものにも被害が及ぶこともなく、無事でした。
長距離運転する機会が多いのですが、出かけた先や道中で事故や危険な目に遭ったことはありません。

愛知県/男性/49歳/猿投神社

私の住んでいる街から近い事もあって、毎年猿投神社にはお世話になっております。かれこれ約15年間交通安全の祈願に行っております(1年に1度ですが)。毎日のように自家用車で会社と自宅の往復をしておりますが、おかげさまで1度も大きな事故にあっていません。きっとご利益が有ったものと考えております。猿投神社で購入したお守りを車に掛けて安全運転しております。

宮崎県/男性/34歳/狭野神社

私は結婚しており、私と妻合わせ昨年は4回車をぶつけられました。全部停車中での事故だった為私たち夫婦には過失はありませんでしたがさすがに年に4回と多かったので狭野神社でお祓いとお守りを購入させて頂き、そこから事故はすぐになくなりました。まだ今年は終わっておりませんが、今年度は事故は2回もなく車の大きな故障などもありません。

福島県/女性/52歳/諏訪神社(須賀川市)

私は就職に伴い車を持つようになってから、約15年の間、新車に買いかえる度何度も事故に逢いました。雪道の自爆事故もありましたが、大抵の場合貰い事故で、駐車中の当て逃げや走行中の追突などあり、救急車で搬送されたこともあります。それで4台目の車を購入した際、いい加減トラウマになって怖かったため、親戚に相談したところ諏訪神社参拝を勧められました。早速参拝し、交通安全の祈禱をしてもらいお札を頂いたところ、それ以来事故に遭遇しなくなりました。4台目にして初めての快挙です。それ以来安心して運転していられます。

宮崎県/男性/55歳/宮崎神宮

立て続けに当て逃げ、貰い事故に遭っていた時期にここを訪れ、交通安全祈願をしました。それ以降、20年以上事故に遭うことも警察のネズミ捕りなどに引っかかることもなく快適なカーライフを過ごすことが出来ています。新車を買ったときにも交通安全祈願をしてもらい、事故回避に努めております。もちろん自らの意識も大事ですが、事故のほとんどが貰い事故と言われる昨今、神仏頼みも重要ではないでしょうか。

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ