無病息災の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、無病息災の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

無病息災
無病息災
読み方
むびょうそくさい
種別
家族・家庭
意味
病気や災難が無いよう祈ります

お客様の声

東京都/女性/43歳/亀戸香取神社

スポーツの神様と言われる神社で有名な神社でアスリートもよく来ます。はじめて家族でハードな雪山登りに行くのに無病息災としてお参りしました。母親は70を超えていて、本人は大丈夫と気丈にしていても、何かあったときに自分自身で対処できるか、などを心配をしていましたが、無事に家族全員下山できたので良かったです。

東京都/男性/42歳/富賀神社

昨年左足ひざを骨折し、病院に入院しました。入院生活中に、インフルエンザが流行り、院内感染で最終的に左足を切断しました。正月は、まだ567ウイルスがあまり流行っていませんでしたが、今年はそんなわけもあり病院に行くことを避けています。家族よりまずは自分の健康をと思って祈願したのですが、今日までは健康に風邪もひくことなく過ごしています。

千葉県/男性/46歳/松戸神社

子供の七五三で無病息災を祈念いたしました。地元では古くからの神社であり日本武尊が御祭神のようです。祈念する場合のみ中に入る事ができ、その向こうに御神木?らしきものを拝謁いたしました。これぞパワースポットという雰囲気がありました。少なからず病気や怪我はありましたが、今現在、リビングでテレビを見ながら笑っている所を見ると、息災である事に変わりなき事であると想い、偏に松戸神社での祈念が功を奏したものと感謝するところです。

茨城県/男性/52歳/御岩神社

以前からテレビなどでパワースポットとして大きく取り上げられている御岩神社と、そこから登山道を通り、御岩山の山頂に建てられている石碑(パワースポットの本体とのこと)までお参りした。神社の参道に入ってからは、何となく空気が張り詰めているような感じがして、清々しい気分になれた。お参り後には、仕事がトラブルなく順調に進んでおり、体調も良い日が続いているので、ご利益があったのではないかと感じている。

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ