就職成就の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、就職成就の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

就職成就
就職成就
読み方
しゅうしょくじょうじゅ
種別
仕事・商売
意味
仕事に就くことが出来ますように祈ります

お客様の声

茨城県/女性/50歳/鹿島神宮

鹿島神宮は勝負事や仕事運が上がる神様としても有名で2度訪れています。1度目は約10年前でその頃は仕事があまりなく週に2~3日の調整休みを入れられ給料が少なくなり困っていました。それでお参りしたところ次第に生産が増えて調整休がなくなり仕事が安定して来ました。その後異動して時給も上がりましたが昨年秋に会社の撤退によるリストラが決まり年齢も高いので再就職先が決まらず困っていましたが再度神宮を訪れてお参りしたところ1ヶ月後異動先が見つかりました。

奈良県/男性/43歳/春日大社

当時就いていた仕事が自分には合わず苦痛に思っていたため、初詣の際に、転職することができるよう神様に向かってお願いをしました。すると、それまで積極的に行うことができていなかった転職活動に前向きに取り組むことができるようになり、希望していた仕事に就くことができました。前の職場も円満に退職することができました。お参りによってご利益があったのだと思います。

三重県/男性/58歳/伊勢神宮

10年ほど前のことです。もともと自営業でしたが業績不振で廃業し就活しましたがなかなか勤められず派遣で働いていました。家内と娘家族とで和歌山に旅行に行った帰りなんとなく伊勢神宮に立ち寄りお参りしました。初めての伊勢神宮でしたがなにやら空気がぴりっとしていてシャキっとさせられる感がありました。「良い仕事が見つかりますようおねがいします。」とお願いしましたところその年に正社員で雇ってくれくところが見つかりました。それから毎年必ず年末にお礼参りに行っております。今では参拝順なども勉強して失礼の無いようお参りしています。

京都府/女性/53歳/縣神社

コロナの影響でこれまでいただいていたお仕事がなくなった時に参拝しました。縣神社を訪れたのは、実は新しいお仕事が見つかりますようにというお願い目的ではなかったのですが、結果的に、すぐにいい職場にご縁をいただくことができ、とても驚いています。縣神社の御利益は「良縁」。まさに素晴らしいご縁がいただけて、とても感謝しています。

東京都/男性/38歳/代々木八幡宮

ご利益があったエピソードですが、就職活動していた時に中々仕事が見つからず悩んでいた時に、たまたま立ち寄った代々木八幡宮へお参りしました。当初の雇用形態は派遣社員としてでしたがなんとか就職が決まりました。その後お礼参りして、今度は社員になれるようにお願いをした所、3年後に見事社員になる事が出来ました。代々木八幡宮のおかげだと思います。

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ