商売繁昌の意味

願意とは、神社仏閣に参拝する際のお願い事のことを指します。

このページでは、商売繁昌の意味についてまとめております。

また、下記リンクにて違う願意をご覧になることが出来ますので、ご自身にあったものをお選びいただければと思います。

商売繁昌
商売繁昌
読み方
しょうばいはんじょう
種別
仕事・商売
意味
商売の繁盛を祈ります

お客様の声

京都府/男性/33歳/伏見稲荷大社

毎年、お正月には伏見稲荷大社に商売繁盛のお参りにいきます。会社員時代は特にご利益を得ているとは思っていませんでしたが、自分自身が起業してからは実感するようになりました。幸いにも大きな問題は起きず、順調に事業を成長させてこられているためです。特に、今年はコロナの大流行がありつつも、事業自体に大きなダメージを受けることも避けられました。

東京都/男性/47歳/穴八幡宮

副業で行ってきた不動産賃貸業も大きくなってきたところ、意を決して不動産管理の株式会社を設立しました。世間ではネガティブにとらえられがちな外出自粛ですが、私にとってはむしろまとまった勉強時間やリサーチ時間をとれるまたとないチャンスであり、思っていた以上にスムーズに立ち上げすることができました。意を決した時商売繁盛にご利益のある穴八幡宮に祈願したおかげだと信じています。

鹿児島県/男性/37歳/射楯兵主神社

海の横にあり、鹿児島有数のパワースポットとして有名で毎年訪れています。友人から有名な龍の神様が付いてらっしゃるとのことで水晶のブレスレットがお守りに大変人気です。私も10年ほどこれをつけるようになってから体調を全く崩さないようになりました、わたしにとって精神を落ち着かせる、迷い事があれば訪れたくなるそんな場所です。

千葉県/女性/40歳/小網神社

境内に東京銭洗い弁天という小さい水がでているところがあるのですが、ここでお金を洗って年収が落ちたことがありません。
最初は本当にお金がなくてわずかな小銭を洗ってそのまま包んでバッグに入れておき、翌年に全額賽銭にして小銭を洗って取っておいて全額翌年の賽銭に使う、という風にしていました。今は一部賽銭、残りにお金をプラスして洗っています。洗ったお金は洗わず取っておいています。人目も気になるのであまり多額の紙幣などは洗わないようにしています。

島根県/男性/51歳/出雲大社

広島のお客様に出張する前日、出雲大社にて商売繁盛のお願いをしたところ無事契約を取る事が出来た。
かなりのパワースポットなので鳥居をくぐった瞬間、全身に武者震いの様な感覚があったのを憶えている。
余談ですが帰り道、出雲大社を出るとテレビのロケの撮影を行っており、有名女優さんを身近で見ることが出来た。
これも御利益かもしれません。

新潟県/男性/39歳/弥彦神社

仕事のトラブルがあり明日までに解決しなければならないことがあったのですが、お布施をして本堂にてお祓いをさせて頂いてたところ、悲しい気持ち等ないのに自然に涙が出てきた。お祓い後は肩の重荷も取れ、明日までに解決しなければならなかった、トラブルも嘘のように解決することができた。トラブルの内容も相手ありきの内容であったため、こちらでどうしようもない内容であったが、無事解決することができました。その後は、月に1度は参拝に行っております。

東京都/男性/29歳/明治神宮

お参り後、鳥居から出たときに身体がスッと軽くなった気がしました。
明治神宮のパワースポットの写真を待ち受け画面に設定して日常を送ってました。
お店で新規のお客様が増えたことだと思うのですが、新規の指名が徐々に増えてきたのを覚えてます。
最初は1.2人くらいだったのですが、
何ヶ月後には5.6人は増えたと思います。
パワースポットの写真は効果大だと思いました。

代理参拝のご依頼はこちら

代参本舗では、お客様にあったプランをいくつか用意しております。下記ページよりご確認ください。

料金ページへ